とりあえずダイナミックDNSに登録してみる(2001.3.23)

 ・Vanity Dynamic DNS
 このHNではまず一般的なダイナミックDNSサービスと同様にアカウントを登録す
ることでhn.orgのサブドメインを作成します。
 アカウントがexampleなら、example.hn.orgというサブドメインが無料で作成で
きます。まずは、Create AccountをクリックしてUsername/Hostname:の欄に希
望するアカウントを入力します。E-Mail Address:の欄にはHNから折り返し送ら
れてくるパスワードを受け取る貴方のメールアドレスを記入します。Subscribe 
to the monthly hn.org newsletterのチェックは外してもいいです。
 最後にterms & conditionを読んでからI agree to these terms &
 conditionsのチェックを入れて、Submit Queryを押します。
 しばらくすると(当方のときは数分)メールでパスワードが送られてきますの
で、Modify your Accountをクリックしてログインウィンドウに先ほど登録した
アカウントと、メールで送られて来たパスワードを入力します。
 すぐに、Change Password:Old Password欄に先ほどのパスワード、New 
PasswordNew Password(Confirm)に新しい自分で考えたパスワードを入力
してパスワードの変更を行いましょう。とりあえず、その他の設定はそのままで、
一番下のSubmit Updateをクリックして、メインメニューに戻ります。
 そして、ようやくIPの入力なのですが、IP:の欄に何も入力せずに、ボタンを
押せば自動的にIPアドレスが更新され、ついにexample.hn.orgというドメイン
名で外部からアクセスが可能になります。うまく行かないときはメインメニュー
の上部にあるTOOLSをクリックしてYourIPを確認してみましょう。当然、外部
からサーバにアクセスできることが条件です。スタンドアロンでTAやモデムから
直接プロバイダに接続している場合、ダイナミックDNSを使う使わないにかかわ
らずファイル共有を許す設定等は危険ですので、お勧めしません。また、OSや
サーバソフトのバグでファイルを消されたり、情報を盗まれたりするので、ダイ
ヤルアップルータのファイアウォール機能を利用するなどしてインターネットと
自分が使う端末を切り放すことをお勧めします。
 ちなみに、ダイヤルアップルータなどのファイアーウォール機能・フィルタリ
ング機能が効いているとその内側にあるサーバは外部から直接見えませんので、
マニュアルを良く読んで静的IPマスカレード(NAT)関連の設定とフィルタの設
定を修正して下さい。また後日、メモにしますので、今回は割愛します。
 話がそれました。HNの場合、45日間IPアドレスのUpdateを行わなかった場合、
アカウントが無くなります。接続・切断を45日より短い周期で行う方は再接続
の際、先ほどのIP:の更新を手動で行えば充分です。それが不安であれば、自動
更新ツール(DynamicDNS Client)が有ります。Downloadsからダウンロードして
各種設定を入力し、自動更新機能を使えば更新忘れによるアカウント消失を防ぐ
ことができます。なお、30日間更新が無かった場合、とりあえず警告メールが来
るそうですので、いきなりアカウントが消える恐れは無いでしょう。もうひとつ
の使用条件としてこのアカウントでアクセスできる貴方のホームページにhnへの
リンクを埋め込むこともきちんと行いましょう。
 これで貴方もexample.hn.orgというURLで自分のホームページを見せることが
できる様になりました。
 以下次回。では。




メモその3 ホームへ メモその5

このサイトの内容については各自の責任で行って下さい。
当方では何があっても一切責任を持てません。
ご意見・ご要望等お待ち申し上げます。 
E-mail:webmaster@raibo.com 
Copyright (c) 2001 a-k, All rights reserved.